1 オスマン帝国支配の動揺とアラブの覚醒

4 イランとアフガニスタンの動向

 イランでは、18世紀前半にサファヴィー朝(1501〜1736)が滅亡し、以後アフシャール朝(1736〜96)ザンド朝(1750〜95)の短命な王朝が続いたが、18世紀末にはカージャール朝(1796〜1925)が成立した。

 カージャール朝はトルコ系の王朝でテヘランを首都とした。19世紀前半に2度ロシアと戦って敗れ(1812〜13、1826〜28)、トルコマンチャーイ条約(1828)を結んでロシアに東アルメニアとコーカサス地方を割譲し、治外法権を認めた。

 ロシアに領土を奪われたカージャール朝は東方のアフガニスタンに向かって進出をはかり、1832〜57年にかけて3度ヘラートを攻め、3度目には占領に成功した(1856)。イギリスはこれをインドへの脅威ととらえてカージャール朝に宣戦した。カージャール朝は屈服してヘラートから撤退するとともに、イギリスにも治外法権を認め貿易上の特権を与えた。

 トルコマンチャーイ条約以後、カージャール朝の財政は破綻し、農民への税負担が増大した。こうした状況の中で1848〜50年にかけて封建制に反対し、外国勢力への屈従を拒んだイラン農民の反乱が起こった。この反乱は、それに参加した貧しい農民・商人・職人などの多くがバーブ教徒であったのでバーブ教徒の乱(1848〜50)と呼ばれている。

 バーブ教は、イランのサイイド=アリー=ムハンマド(1819〜50)によって1844年頃に創始されたイスラム教のシーア派系の神秘主義的宗教で、既存の宗教儀礼の廃止や男女平等・階級的差別の撤廃などを主張し、貧しい農民・商人・職人らの支持を得た。

 創始者のサイイド=アリー=ムハンマドは、マフディ(アラビア語で救世主の意味)の出現を説き、彼自身をマフディに近づくバーブ(門の意味)と称したので彼が創始した宗教はバーブ教と呼ばれた。

 バーブ教徒は各地で蜂起し、政府軍を相手に勇敢かつ頑強に抵抗したが鎮圧され、激しい弾圧・迫害を受けた。 

 サイイド=アリー=ムハンマドは反乱には直接関係しなかったが、自らマフディと称したので、既成宗教と秩序を破壊する危険人物とみなされて1850年にタブリーズ市民の前で銃殺された。

 アフガニスタンは、10世紀以後ガズナ朝・ゴール朝・イル=ハン国・ティムール帝国・サファヴィー朝による支配を受け、また16世紀以後はインドのムガール帝国にその東半部を支配されてきた。

 アフマド=シャー=ドゥッラーニー(1724〜73)は、イランのアフシャール朝のナーデル=シャーの傭兵隊長であったが、ナーデル=シャーが暗殺された後に自国に戻り、国王に選出されてドゥッラーニー朝(1747〜1842)を創始し、アフガニスタンの民族的独立を達成した。

 しかし、19世紀に入ると、ドースト=ムハンマド(1789〜1863、ドゥッラーニー朝の宰相の家柄のパーラクザイ族出身)がドゥッラーニー朝勢力を駆逐してパーラクザイ朝(1826〜1973)を創始した。

 1837年にロシアの支援を得たカージャール朝が再度ヘラートを攻囲すると、ロシアの南下とインドが脅かされることを恐れたイギリスがこれに介入してアフガニスタンへ侵略し、第1次アフガン戦争(1838〜42)が始まった。

 第1次アフガン戦争ではイギリスが完敗したが、1856年にカージャール朝が三度ヘラートを攻撃するとイギリスは宣戦を布告してイランを屈服させ、アフガニスタンのイランからの独立を認めさせた(1857)。

 アフガン戦争は3回行われたが(1838〜42、1878〜80、1919)、イギリスは第2次アフガン戦争(1878〜80)の勝利によってアフガニスタンの保護国化に成功した。 




目次へ戻る
次へ