2 南アジア・東南アジアの植民地化

4 東南アジア大陸部の変動

 ヴェトナムでは、黎朝(1428〜1527、1532〜1789)の衰退に乗じて西山党の阮3兄弟が反乱を起こし(1773)、黎朝の権臣の阮氏と鄭氏を滅ぼして西山朝(1778〜1802)を開いた。

 後期黎朝(1532〜1789)のもとで事実上南ヴェトナムを支配していた阮氏一族は1777年に西山朝に滅ぼされた。この時、阮氏一族の中でただ一人阮福映(1762〜1820)だけがハティエンに逃れ、そこでフランス人の宣教師ピニョー(1741〜99)と出会った。一時タイに亡命した阮福映はタイの援助などによって1788年にサイゴン奪回に成功した。

 ピニョーは1789年に武器弾薬・義勇兵を集めてサイゴンに戻り、以後西山朝と戦う阮福映を援助した。阮福映は、ピニョーの死後(1799)、さらに軍を北に進め、1802年にはハノイを攻略して西山朝を滅ぼし、ヴェトナム全土を統一した。

 阮福映は即位して阮朝(1802〜1945)を開き、国号を安南から越南に改め、年号を嘉隆とし、都をユエに定めた。

 清の皇帝から越南国王に封じられた(1804)嘉隆帝(阮福映、位1802〜20)は、中央官制をはじめとする国内の諸制度に清朝の諸制度を採用し、道路・橋・運河の建設などに努めた。対外的には西欧諸国に対して鎖国政策をとったが、フランス人宣教師ピニョーの功績を認め、フランス人を優遇し、キリスト教には寛大だった。

 しかし、嘉隆帝の死後、父以上に中国文化の信奉者であった明命帝(位1820〜41)が即位して儒教を重んじたので、ヴェトナム国内では反キリスト教の風潮が強まった。

 明命帝は、フランス軍艦が宣教師を密かに上陸させた事件をきっかけにキリスト教を禁止し(1825)、以後キリスト教に対する禁圧策が強化されるなかで教会の破壊や宣教師の処刑(1833)も行われた。

 1857年にスペイン人宣教師が処刑されると、翌年フランスのナポレオン3世はスペインと共同で出兵し、1859年にはサイゴン(現在のホーチミン市)を占領し、1862年までにコーチシナ(フランス人によるヴェトナム南部の呼称)の数省を占領した(仏越戦争、1858〜62)。

 阮朝は、1862年にサイゴン条約を結び、コーチシナ東部3省とサイゴンのフランスへの割譲・キリスト教の布教の自由・サイゴンなど3港の開港・メコン川の自由航行権などを認めた。

 コーチシナの支配権を握ったフランスは、カンボジアに対するヴェトナムの宗主権の継承を主張してカンボジアに保護条約を押しつけカンボジアを保護国とした(1863)。

 さらに1867年にはコーチシナ西部3省を領有し、コーチシナ全域を支配下においた(ナポレオン3世のインドシナ出兵、1858〜67)。

 その後、ヴェトナム北部のトンキン地方に進出し、1873年と1882年の2度にわたってハノイを占領した。この時、劉永福は黒旗軍を率いてフランス軍に勇猛に抗戦した。

 劉永福(1837〜1917)は、広東省の客家(はっか、よそ者の意味で広東・広西・江西・福建省などの山間僻地に住む移住民で差別された人々)出身で幼少の頃から流民として各地を転々とし、秘密結社の「天地会」(清朝を打倒して明朝を復興することを目的とした団体)に入った。

 太平天国の乱にも参加して清軍に追われた劉永福はヴェトナムに逃れて阮朝に仕えた。1867年に黒旗軍を編成し、1873年〜85年にかけてフランス軍と勇敢に戦い、阮朝がフランスとユエ条約を結ぶと孤立化して帰国した(1885)。

 フランスは、1883年にはユエを攻撃して占領し、ユエ条約が結ばれた。
 ユエ条約は1883年と1884年の2回結ばれており、1883年のユエ条約はフランス共和国総務長官の名をとってアルマン条約とも呼ばれている。アルマン条約はヴェトナムをフランスの保護国(外交・軍事など主権の一部を他国に完全に委任して安全の保障を他国から受けている国、内政面でも多くの干渉を受け植民地に近い場合が多い)とする仮条約であり、1884年のユエ条約は保護国化の内容を確認した条約で、これによってヴェトナムはフランスの保護国(植民地)となった。

 ヴェトナムの宗主国(他国の外交・軍事などの主権の一部を行使する権利(宗主権)を持つ国)であった清朝はフランスのヴェトナム保護国化に強く反対した。このためフランスは、1884年6月に国境付近で清仏両軍の衝突が起こると、これを開戦の口実とし、海軍で台湾・福州を攻撃したので清もフランスに宣戦を布告し(1884.8)、清仏戦争(1884〜85)が始まった。

 清は台湾をフランス海軍に封鎖され、澎湖島を占領されたが、広西から進出した清軍は善戦してしばしばフランス軍を破った。イギリスが調停に乗り出して1885年6月に天津条約が結ばれ、清はヴェトナムに対する宗主権を放棄してフランスの保護国化を承認した。

 清仏戦争から2年後の1887年10月に、コーチシナ(南部ヴェトナム)・アンナン(中部ヴェトナム)・トンキン(北部ヴェトナム)とカンボジアの4地域を統合したインドシナ連邦(フランス領インドシナ)が成立し、ハノイに総督府がおかれた。またフランスは1899年にはラオスを保護国化し、これをインドシナ連邦に編入した。

 ビルマ(ミャンマー)では、18世紀中頃に成立したビルマ最後の王朝であるコンバウン(アラウンパヤー)朝(1752〜1885)が18世紀後半に全盛期を迎え、タイのアユタヤ朝を滅ぼし(1767)、清のビルマ遠征軍を撃退した。

 その後、コンバウン朝がさらに西方へ進出し、インドのアッサム地方やアラカン(ベンガル地方の南東)に進出してインドにおけるイギリス東インド会社領と国境を接するようになるとイギリスとの間で紛争が起こった。

 イギリスは第1回ビルマ(ミャンマー)戦争(1824〜26)でアラカン地方を奪い、第2回ビルマ(ミャンマー)戦争(1852〜53)ではラングーン(現ヤンゴン)を中心とする下ビルマを併合し、その後ビルマがフランスに接近するのをみて第3回ビルマ(ミャンマー)戦争(1885〜86)によってコンバウン朝を滅ぼし、全ビルマを征服してこれをインド帝国に併合した(1886)。

 こうして19世紀末までには、東南アジアのほとんどの地域はヨーロッパ諸国の植民地となり、独立を保ったのはイギリスとフランスの緩衝地帯として消極的な独立を保ったタイのみであった。

 タイでは、18世紀後半に成立したチャクリ(バンコク)朝の第4代国王ラーマ4世(位1851〜68)が西欧化による近代化を進める一方、対外的には西方からのイギリス、東からのフランス勢力の進出に対して勢力均衡策をはかり、イギリスとの間に不平等条約である通商条約を締結した(1855)のをはじめ、フランス・アメリカ・プロイセンなどの欧米諸国とも不平等条約を結び、独立維持に努めた。

 タイ史上最も傑出した国王とされるラーマ5世(チュラロンコーン、位1868〜1910)は15歳で即位し、父ラーマ4世の遺志を継いでタイの独立維持と西欧化による近代化に努め、近代的な行政・司法・徴税制度の確立、郵便・電信事業の導入、鉄道の建設、陸海軍の近代化などを行った。対外的にはイギリス・フランスの要求に屈し、治外法権の一部撤廃と引き換えに、現国境以東をフランスに、現国境以南をイギリスに割譲しながらも独立を維持し続けた。




目次へ戻る
次へ