1 ルネサンス

2 あたらしい文学

 イタリア=ルネサンスの先駆者となったのは、ダンテ(1265〜1321)である。

 フィレンツェの貴族の家に生まれたダンテは、ボローニャ大学で修辞学を学び、ラテン文学や哲学の教養を積んだ。9歳の時に美少女ベアトリーチェ(8歳)に出会い、永遠の女性として生涯思い続けた。ベアトリーチェは別の男性と結婚し24歳で亡くなったが、彼女への思慕は「新生」(1293年頃)に歌われている。

 その後、政治活動に没頭し(1295〜1302)、ゲルフ党に属してフィレンツェの統領に推されたが、反対党によって永久追放され、以後各地を放浪し、その間に「神曲」(1304〜21)を書き、最後はラヴェンナの君主のためにヴェネツィアに使いし、帰途病死した。

 「神曲」は、地獄・煉獄(カトリック教で死者が天国に入る前に、その霊が火によって罪を浄化されると信じられた場所)・天国の3編からなる大叙事詩で、ダンテ自身が古代ローマの詩人ヴェルギリウスに導かれて地獄と煉獄を、そしてベアトリーチェに導かれて天国をめぐり、歴史上の人物の死後の姿に出会うという構想で描かれている。

 ダンテは、この「神曲」をラテン語でなく、トスカナ語(フィレンツェを中心とするトスカナ地方の口語)で描いたので、「神曲」はイタリア国民文学の最初の作品とされている。

 ペトラルカ(1304〜74)の父はダンテとともにフィレンツェを追放されたので、ペトラルカは父とともに各地を転々し、ボローニャ大学で法学を学んだが、のちにアヴィニョン教皇庁に聖職者として仕えて文学を志した。その頃、美しい人妻ラウラに出会い、彼女への思慕を「叙情詩集」に歌った。その後、諸国を旅行し、この間ラテン古典の文献の収集や復活に努め、ヒューマニズム(人文主義)の先駆者となり、最初のヒューマニスト(人文主義者)と呼ばれた。

 ペトラルカの友人であったボッカチオ(1313〜75)は、フィレンツェの富裕な商人の私生児として生まれた。ナポリで商業の見習いと法律を学びながら文学に没頭し、後にフィレンツェに戻り、「デカメロン」(1348〜53年)を著した。晩年はフィレンツェ近郊で古典の研究に専念した。ペトラルカとも深く交わり、ペトラルカの死の翌年に没した。

 「デカメロン」は十日物語とも訳されている。黒死病(ペスト)の流行を避けた3人の紳士と7人の淑女が森の奥の小屋で共同生活をするなかで退屈をまぎらすために、各人1日1話ずつ、10日で100の話を語り合う形式になっている。このなかでボッカチオは聖職者や王侯らを風刺し、人間の性欲・物欲を赤裸々に描いた。このため「デカメロン」は後世好色本の代名詞となった。後にボッカチオはこの作品を涜神として否定したが、「デカメロン」は、ダンテの「神曲」に対して「人曲」と呼ばれ、近代小説の先駆とされる。

 イギリス=ルネサンスの先駆者であるチョーサー(1340頃〜1400)は、エドワード3世に仕え、イタリア・フランスに派遣された。イタリアではボッカチオ・ペトラルカに会いイタリア=ルネサンスの影響を強く受けた。イギリスに帰国後、「カンタベリー物語」(1391頃)を著し、イギリス国民文学の祖と呼ばれた。

 「カンタベリー物語」は、同じ宿に泊まり合わせたカンタベリー大聖堂への巡礼者達が一人ずつ話をする形式で24の物語から成っている。形式的にも内容的にも「デカメロン」の影響が強く現れている。

 ロッテルダムのエラスムス(1469〜1536)は、ネーデルランドのロッテルダムに生まれ、パリで学んだ。しばしばイギリスを訪れ、トマス=モアと親交を結び、イギリス滞在中に「愚神礼讃」(1509)を著した。

 「愚神礼讃」は、痴愚の女神の口を借りて聖職者などの腐敗・悪徳を痛烈に風刺した作品で、活版印刷で印刷され当時のベストセラーとなり、宗教改革にも大きな影響を与えた。

 「宗教改革という毒蛇はエラスムスが卵を生み、ルターがそれをかえした」と言われたように、彼の弟子達からは多くの宗教改革者を出した。しかし、エラスムスは過激なことを好まず、宗教改革には中立の姿勢を貫き、ルターとは対立した。

 またエラスムスはギリシア語の新約聖書を世に広め、ギリシア劇のラテン語訳など古代ギリシア語の研究にも優れた業績を残し、最大のヒューマニスト(人文主義者)と呼ばれた。

 エラスムスの友人であったトマス=モア(1478〜1535)は、ロンドンで弁護士の子として生まれ、オックスフォード大学で神学を学んだが、父の希望に従って弁護士になった(1501)。その頃エラスムスと知り合い(1499)、以後親交を結んだ。

 ヘンリー8世の信任を得て、外交使節として大陸に渡り、この旅行中に「ユートピア」(1515〜16)を執筆した。後に大法官となったが(1529)、熱心なカトリック教徒であったため、ヘンリー8世の離婚には終始反対し、ロンドン塔に幽閉され(1534)、反逆罪に問われて翌年処刑された。

 「ユートピア」は、アメリゴ=ヴェスプッチ(4回にわたって新大陸を探検したフィレンツェの航海者)の航海に同行したヒュロダエウスが訪れたユートピア島(架空の島、ユートピアとはどこにもないの意味)での理想的な社会の様子を描くことによって、当時のイギリス社会を痛烈に批判した作品で、特に「囲い込み」を批判した箇所は有名である。 以後ユートピアは理想郷の意味に使われるようになる。

 第1次囲い込み(エンクロージャー)は、15世紀末から17世紀中頃にかけて、特に16世紀に最高潮となった。毛織物市場の拡大にともない羊毛の需要が増大し、羊毛の価格が上昇したので、牧羊のために領主や地主が小作人から農地を取り上げ、生け垣や塀で囲んで羊の牧場とした。このため土地を追われた農民達は浮浪人となって都市に流れ込み、犯罪が増大するなど社会不安が生じた。政府は何度も禁止令を出したがあまり効果はなかった。

 以下は「ユートピア」の一部である。
 「しかし、これだけが人々に盗みを働かせる唯一の原因ではありません。私の考えるところでは、もう一つ、あなた方イギリス人に特有の原因があります。」「それはなんですか」と枢機卿はたずねました。「それはあなたの国の羊です。羊はとてもおとなしく、とても小食だったということですが、この頃では聞くところによると、とても大食で乱暴になったそうで、人間さえも食い殺し、畑や家屋や町を荒廃させて人影を絶やしてしまうほどです。」(山川出版社、世界史史料・名言集より)

 トマス=モアは、「羊が人間を食い殺す」という有名な言葉で金もうけのために農民を犠牲にする領主・地主を激しく非難した。

 トマス=モアと同じ頃に、フランスにはラブレー(1494頃〜1553)が出て、「ガルガンチュア物語(ガルガンチュアとパンタグリュエルの物語)」(1532〜64)を著して人気を博した。ラブレーは、修道士として各地の修道院を転々とし、その間ギリシア語と医学を学んで医者となり、学術書を著すかたわら「ガルガンチュア物語」を書いた。

 「ガルガンチュア物語」は、中世フランスで語り継がれた伝説の大食の巨人ガルガンチュアとその子パンタグリュエル(ラブレーはガルガンチュア伝説とは別のパンタグリュエル伝説をつなぎ合わせて、パンタグリュエルをガルガンチュアの子に仕立て上げた)の奇想天外な遍歴の物語であるが、ラブレーはヒューマニストの理想と痛烈な社会風刺を奇想天外な話に託した。

 ラブレーと並ぶフランスの代表的なヒューマニストであるモンテーニュ(1533〜92)は、南フランスのボルドー近郊に生まれた。幼いときからラテン語・ラテン文学・法律を学び、ボルドー高等法院判事(1557〜70)などを歴任した後、生家に隠棲し、「随想録(エセー)」を出版した(1580〜88)。その後、ボルドー市長に選出され(1581〜85)、市長として活躍し、再び隠棲生活に戻り、「随想録」の加筆・訂正に専念した。この間、ユグノー戦争(1562〜98、フランス国内の新旧両教徒間の内戦)が勃発した。モンテーニュはカトリック教徒であったが、ユグノー戦争の調停、新旧両教徒の融和に努力した。

 「随想録」は、彼自身の公私にわたる生活を省みて、「私は何を知っているか(Que sais-je?)」という懐疑主義をもって人間の内面や社会生活を観察し、人間本来のあり方を追求した随筆集である。

 ルネサンス末期の作家としては、スペインのセルバンテス、イギリスのシェークスピアが有名である。

 スペイン=ルネサンスの代表的な作家セルバンテス(1547〜1616)は、マドリード近郊の貧しい外科医の子に生まれたため、正規の教育は受けられなかった。枢機卿の従僕となり、ローマへ行き、レパントの海戦(1571、スペイン・ローマ教皇・ヴェネツィア連合艦隊がオスマン=トルコ艦隊を撃破した海戦)に参加して負傷、その後帰国途上海賊に捕らわれ、5年間奴隷となった。帰国後、スペイン無敵艦隊の食料徴発員や徴税吏となるが不手際で2回投獄され(1597、1602)、獄中で「ドン=キホーテ」の前編を書いた。

 「ドン=キホーテ」は、騎士道物語を読み過ぎて騎士になったと思いこんだドン=キホーテ(ドンは貴族の称号)が百姓の従士サンチョ=パンサを従えて遍歴の旅に出る、夢と現実を取り違えて引き起こす両者のとんちんかんな会話・行動を描くことにより、古い騎士的人物の時代錯誤のおかしさを描いた風刺小説で、近代文学の発達に大きな影響を与えた。 

 有名なシェークスピア(1564〜1616)は、エリザベス女王時代の詩人・劇作家で、彼の作品は今日でも高く評価され、各国語に翻訳され、上演されている。

 シェークスピアは、イギリスのストラトフォードのヨーマンの家に生まれたが、家が没落していたために学校教育も十分に受けられなかった。故郷を出て、ロンドンの劇団に入り(1586)、木戸番から俳優兼座付き作者として劇作を始めた(1590)。以後20年間、独立の劇作家として活躍し、36編の作品を残した。突然筆を折り、故郷に引退し(1611)、自適の晩年を送った。

 作品の中では、「ハムレット」・「オセロ」・「リヤ王」・「マクベス」の四大悲劇をはじめ、「ロミオとジュリエット」・「ヴェニスの商人」・「ジュリアス=シーザー」・「アントニーとクレオパトラ」・「ヘンリ6世」・「リチャード3世」・「真夏の夜の夢」・「ウインザーの陽気な女房たち」など史劇や喜劇など多方面にわたっている。




目次へ戻る
次へ