1 絶対主義国家の盛衰

8 ロシアの台頭

 ロシアは、13世紀以来、約250年間にわたってモンゴル人の支配に服したが、15世紀頃からモスクワ大公国が強力となり、イヴァン3世(位1462〜1505)の時に、キプチャク=ハン国の軍をウグラ河の戦いで撃退してモンゴル人の支配から完全に独立した(1480)。

 イヴァン3世は、ビザンツ帝国(1453年に滅亡)の最後の皇帝の姪ソフィアと結婚し(1472)、ビザンツ皇帝の後継者を自任し、ツァーリ(ツァー、ロシア皇帝の公式の称号、カエサルのロシア語形)の称号と「双頭の鷲」(ローマ帝国・神聖ローマ帝国でも用いられた)の紋章を継承し、初めて非公式にツァーリの称号を用いた。

 またビザンツ文化を盛んに受け入れたので、ビザンツ帝国の滅亡後はギリシア正教の中心もモスクワに移った。このためモスクワは、「第二のコンスタンティノープル」、またはローマ・コンスタンティノープルに次ぐ「第三のローマ」と呼ばれるようになった。

 イヴァン3世の孫でロシア絶対主義の基礎を固めたのがイヴァン4世(雷帝)である。
 イヴァン4世(1530〜84、位1533〜84)は、3歳で父を7歳で母を失い幼くして孤児となった。3歳で即位したが、大貴族が実権を握り、陰謀をめぐらす宮廷で成長したために、その性格は残忍・異常であったと言われる。17歳の時にアナスタシア(ロマノフ家)と結婚し、同年親政を始めた(1547)。

 イヴァン4世は公式にツァーリと称し、ギリシア正教の首長も兼ねた。彼は下層貴族を用いて改革を進め、全国会議(大貴族・下層貴族・商人の代表からなる身分制議会)を召集し(1549)、これを利用して下層貴族と結んで大貴族の勢力の抑制をはかった。そしてこれに反抗する大貴族の領地を取り上げて皇帝に忠実な下層貴族に分与し、また親衛隊を創設して反抗する大貴族をテロを用いて容赦なく弾圧したので「雷帝」と呼ばれて恐れられた。

 対外的にはカザン=ハン国(1552)・アストラハン=ハン国(1557)を征服して、領土を東南に大きく拡大した。さらにコサック(コザック)の首長イェルマークが征服した西シベリアを領有し、ロシアがウラル山脈を越えてシベリアへ進出する道を開いた。

 イェルマーク(?〜1585頃)は、ドン=コサックの首長で、豪商ストロガノフ家の援助を得て、1600余人の遠征隊を率いてウラル山脈を越えて西シベリアに進出し(1581)、シビル=ハン国を征服して(1582)イヴァン4世に献じた。彼自身は1585年頃に戦死したが、遠征隊は毛皮獣を求めてさらに森林地帯を東進した。

 コサック(コザック)は、14〜16世紀に農奴制の圧迫を逃れてロシア東南辺境に移住した農民で、牧畜・漁業・狩猟・交易・略奪などを生業としたが、16〜17世紀には辺境防備の自由な戦士集団を形成するようになった。

 イヴァン4世の死後、まもなくリューリク(ルーリック)朝(イヴァン3世・イヴァン4世の家系)が断絶し(1598)、1601年から3年間にわたる大飢饉をきっかけに民衆の反乱が起こり、動乱時代(1601〜13)が始まった。

 この動乱にポーランドが介入し、モスクワは一時ポーランド軍に占領された(1610)。これに対して義勇軍(下層貴族・市民・コサック・農民などの混成)が組織され、1612年にはモスクワをポーランド軍から解放した。

 翌1613年に全国会議が開かれ、ミハイル=ロマノフがツァーリに選出され、ロマノフ朝(1613〜1917)を開いた。ロマノフ朝は以後300年にわたって続いたが、ロシア革命で崩壊した。

 ミハイル=ロマノフ(1596〜1645、位1613〜45)は、ロシアの名家ロマノフ家の出身で、イヴァン4世の皇后アナスタシアの甥の子にあたる。若年であり、病弱・意志も弱かったので、モスクワ総主教の父が実権を握った。

 ロマノフ朝のもとで再び農奴制が強化されると、ステンカ=ラージンの率いる大農民反乱(1670〜71)が起こった。

 ステンカ=ラージン(?〜1671)は、ドン=コサックの首領で農奴制の強化に反発し、ドン川地方で勃発した農民反乱(1667)を指導し、貧しいコサック軍を率いてヴォルガ川下流からカスピ海南岸にまで遠征し、70年には農民反乱を起こした。

 ステンカ=ラージンの反乱に、一時はヴォルガ全域が呼応し、各地で農民による地主や官吏の殺戮が頻発した。しかし、その後反乱軍は敗れ、ステンカ=ラージンは捕らえられてモスクワで処刑された。彼は農民の救世主とされ、彼の名は伝説・民謡にうたわれ、後世まで語り伝えられた。

 ステンカ=ラージンの反乱が鎮圧された後に即位したピョートル1世(大帝)の時にロシア絶対主義が確立された。

 ピョートル1世(大帝、1672〜1725、位1682〜1725)は、異母兄フョードル3世の死後、同じく異母兄のイヴァン5世(位1682〜89)の共同統治者として10歳で帝位についたが、摂政ソフィア(イヴァン5世の姉)が実権を握り、ピョートル母子はクレムリンから追われ、モスクワ郊外の村で過ごした。少年時代のピョートルは、戦争ごっこに明け暮れたと言われ、2mを越える青年に成長した。

 ソフィアは1689年にクーデターを起こしたが失敗に終わり、ピョートル1世の親政が始まった。

 ピョートルは、ロシア社会の後進性を自覚し、西欧の技術に強い関心を示しその導入に努め、1697〜98年には250人から成る西欧使節団を派遣した。 ピョートルは自らもこれに参加し、オランダの造船所では4ヶ月間職工としてハンマーを振るい訓練を積んだ。 使節団はプロイセン・オランダ・イギリス・オーストリアを訪ねて西欧の軍事・造船などの技術の見聞・習得に努めた。

 ピョートルは西欧から多くの学者・技術者・職人を雇い入れ、留学生を派遣し、ロシアの西欧化による近代化改革を進めた。ピョートルの改革は、産業の保護奨励、官僚制度の確立、財政改革、軍制改革をはじめ服装や日常生活の規制にまで及んだので、大貴族の不満がつのり、反乱が頻発した。しかし、ピョートルはそれらを弾圧し、農奴制を強化してロシア絶対主義を確立した。

 対外的には、海への出口の確保を最大の目標とし、オスマン=トルコと戦って(1695〜96)アゾフ海沿岸の地を獲得し、また西ヨーロッパでのスペイン継承戦争(1701〜13)と同時期に起こった北方戦争(1700〜21)でバルト海沿岸地方を獲得した。

 当時ロシアは、西欧化による近代化を進めるために西欧との直接交渉の窓口を求めていたが、西方のバルト海沿岸地方からフィンランドまでをスウェーデンが領有し、バルト海は「スウェーデンの湖」になっていた。

 そのスウェーデンで、15歳のカール12世(位1697〜1718)が即位すると、ポーランド・ザクセン・デンマークは北方同盟(反スウェーデン同盟)を結んだ。ロシアもその同盟に参加し(1699)、1700年にデンマークがホルシュタイン公領を攻撃して北方戦争(1700〜21)が始まると、スウェーデンに宣戦し、スウェーデン領に侵入したが、ナルヴァの戦い(1700)では軍事的天才の若いカール12世に大敗した。

 カール12世がモスクワに進撃せず、ポーランドを転戦している間に、ピョートルはロシア軍を立て直し、1703年にはイングリア地方を奪い取り、ネヴァ河口のデルタ地帯にペテルブルク(後のレニングラード、現在のサンクト=ペテルブルク市)を建設した。

 ペテルブルクの建設には10年の歳月を要した。4万の農奴、5000の人足を徴発して建設を強行し、労働力を確保するために人狩りさえ行われたと言われている。そして1712年にはここに遷都し、「西欧への窓口」とした。

 この間、カール12世は北方同盟を崩壊させ(1706)、ロシアに侵入したが(1707)、ロシアの頑強な抵抗にあい、モスクワに進むことを一時断念し、ロシア軍を追ってウクライナへ南下した。ピョートルは1709年ポルタヴァでカール12世に決戦をいどみ大勝した(ポルタヴァの戦い、1709)。敗れたカール12世はかろうじてトルコに逃れた。

 北方戦争はその後も長期にわたって続いたが、1721年のニスタット条約で終結した。ロシアは北方戦争に勝利し、バルト海沿岸地方を獲得し、宿願を達成した。この戦争によって北欧の大国スウェーデンは以後没落に向かい、一方ロシアは一躍ヨーロッパ最強国の一つ・東ヨーロッパの大国としての地位を確立した。

 また東方ではシベリア経営を押し進め、アムール川(黒竜江)流域まで進出したが、1689年に清の康煕帝との間にネルチンスク条約を結び、アルグン川とスタノヴォイ山脈(外興安嶺)をもって両国の国境を画定し、両国の通商などを取り決めた。

 ピョートル1世は、ボートが沈み溺れそうになった兵士を救おうとして寒中の水に飛び込み、風邪をひき急死した(1725)。

 ピョートル1世の死後、皇后のエカチェリーナ1世(イギリス1725〜1727)が即位したが、ピョートル1世が後継者をきちんと決めずに亡くなったことから、彼の死からエカチェリーナ2世の即位までの37年間に帝位継承をめぐって6回の宮廷クーデターが起こり、3人の皇帝と3人の女帝が交替した。ピョートル1世から数えて5人目の皇帝には、彼の娘のエリザヴェータ(位1741〜1762)が即位し、この女帝の時にロシアは七年戦争に参戦し、ロシア軍は一時ベルリンを占領した(1760)。

 エリザヴェータは、生涯独身を通して子供がなかったので、帝位につくとドイツのホルシュタイン公に嫁した姉の子ピョートルを養子とした。そのピョートルがエリザヴェータの死後、ピョートル3世として即位した。

 ピョートル3世(位1762)は、生来病弱・低能で奇行が多く、フリードリヒ大王を崇拝し、成人になっても彼の真似をして喜んでいた。そのため即位すると周囲の反対を押し切ってプロイセンと単独で講和条約を結び、さらにプロイセンと同盟を結んでフリードリヒ大王の危機を救った。しかし、まもなく起こった近衛軍によるクーデターによってピョートル3世は廃位され、皇后のエカチェリーナ2世が即位した。ピョートル3世はクーデター後幽閉され、1週間後に暗殺された。  

 エカチェリーナ2世(1729〜96、位1762〜96)は、ドイツの小邦アンハルト=ツェルプトス公の娘に生まれ、後のピョートル3世と結婚して(1745)一男を生んだが、幸せとは言えない結婚生活の中でも読書・修養を怠らなかった。1762年のクーデターによって夫ピョートル3世を廃して(のち殺害)即位した。

 エカチェリーナは、ヴォルテールとも文通し、啓蒙専制君主をもって任じ、この思想に基づいて多くの改革を行った。しかし、農奴制はエカチェリーナの時代にかえって強化され、農奴の貢納・賦役はますます重くなり、農奴の売買も地主貴族の意志にまかされ、逃亡農奴に対しては殺すこと以外はどんな刑で課すことが出来た。こうした状況の中でプガチョフの反乱(1773〜75)が起こった。

 プガチョフ(1724頃〜75)は貧しいコサックの農民で、兵士として従軍したが逃亡し、追われる身となって各地を放浪した。1773年、コサックの農民反乱の指導者となり、ピョートル3世が生存しているといううわさを利用してピョートル3世と称した。

 プガチョフは農奴解放を宣言し、逃亡農奴やウラルの鉱山労働者も加わったので、反乱軍は74年には5万の大軍となり、反乱はヴォルガ全域からウラルにまで広まった。反乱軍はモスクワに進撃する動きを見せたが、政府軍に敗れ(74)、プガチョフは逃亡中に味方の密告で逮捕され、モスクワに送られて車裂きの刑に処せられた。

 プガチョフの反乱鎮圧後、エカチェリーナは反動化し、農奴制はさらに強化され、貴族の特権も拡大強化され、改革主義者は弾圧された。

 対外的には、2回にわたるオスマン=トルコ帝国との戦い(1768〜74、1787〜92)でドニエプルの下流地帯とクリミア半島を獲得して黒海北岸に進出した。

 東方ではオホーツク海に進出し、千島を占領し、カムチャッカに漂着した大黒屋光太夫の送還を兼ねてラクスマン(1766〜?、ロシアの軍人)を根室に派遣した(1792)。ラクスマンは翌93年には箱館に来航し、幕府の役人に国書を手渡して通商を求めたが拒否されて帰国した。

 さらに西方では3回にわたるポーランド分割(1772、93、95)で中心的な役割を果たし、ポーランドの東半分を獲得し、西方に向かって大きく領土を拡大した。  




目次へ戻る
次へ