3 ヨーロッパ列強の植民活動

1 各国の植民活動

 ポルトガルは、インド航路を開拓した後、インドのゴアを占領し(1510)、そこにインド総督を置いて東洋貿易の根拠地とした。ついでマライ半島に進出してマラッカを占領し(1511)、東南アジア貿易の拠点とした。さらに香料の主産地であるモルッカ諸島を占領し、一時香料貿易を独占した。

 1517年には広州で明と通商を始め、1557年にはマカオに居住権を得て、対中国貿易の拠点とした。1543年にはポルトガル人の乗った船が種子島に漂着したことをきっかけに平戸に来航して(1550)、日本とも貿易を始めた。

 こうして16世紀の間、ポルトガルは東洋貿易をほぼ独占して全盛期を迎え、首都リスボンは空前の繁栄を誇った。

 新大陸では、1500年にブラジルを領有し、16世紀後半からは海岸部で黒人奴隷を使役してさとうきびの生産に乗り出した。

 スペインは、新大陸の征服と開拓を中心に植民活動を行い、ブラジルを除くラテン=アメリカを植民地とした。新大陸では特に各地で発見された金銀の鉱山の開発に努め、16世紀後半には新大陸の金銀を独占して全盛期を迎えた。

 一方アジアでは、フェリペ2世時代にフィリッピンを領有し、マニラを建設して(1571)、ここを拠点にアジア貿易を行った。

 しかし、無敵艦隊の敗北(1588)をきっかけにスペインは衰退に向かい、かわってオランダ・イギリス・フランスが植民地獲得に乗り出してきた。

 オランダは、独立戦争中から海外に進出していたが、1581年に独立を達成した後、積極的に海外進出を行った。東洋には1595年に最初の艦隊を派遣し、翌年ジャワ島に達した。1602年には東インド会社を設立し、1603年に初めてジャワ島のバンタムに商館を建設した。モルッカ諸島をめぐってポルトガルと激しく争い、17世紀の初めにはポルトガルからモルッカ諸島を奪い取った。そして1619年にはジャワ島のバタヴィア(現在のジャカルタ)に新市を建設し、オランダ総督府をおいて東洋貿易の最大の根拠地とした。

 オランダと同じ頃イギリスもジャワ島とモルッカ諸島に進出したが、1623年にモルッカ諸島の基地アンボイナで、オランダはイギリス人商館員(雇用されていた日本人も含む)全員を虐殺し、モルッカ諸島からイギリス勢力を一掃し、香料貿易を独占した(アンボイナ事件、1623)。

 オランダは、さらにポルトガルからマラッカ(1641)・セイロン島を奪い、アジアへの中継の拠点として南アフリカにケープ植民地を築いた(1652)。

 これより先、オランダ人は1609年に平戸に来航し、鎖国後(1639)も対日貿易を許され、長崎の出島で日本と通商を行った。この間、中国の明末清初の混乱に乗じて台湾を占領して(1624〜61)ゼーランディア城を築き、中国とも貿易を行った。

 オランダは、1621年には西インド会社を設立して新大陸・アフリカでも通商・植民活動を行った。

 北アメリカ東岸にニューネザーランド植民地を建設し、ハドソン川のマンハッタン島にニューアムステルダムを建設して新大陸経営の拠点とした(1625)。

 ニューアムステルダムは、1664年にイギリス軍によって占領され、当時のイギリス王チャールズ2世の弟ヨーク公ジェームズ(後のジェームズ2世)にちなんでニューヨークと改称され、オランダは新大陸における植民地争いから脱落した。

 イギリスは早くから東洋貿易に関心を持っていたが、海外進出が盛んとなるのはエリザベス1世の時代からである。特に無敵艦隊の撃破(1588)と東インド会社の設立(1600)によって本格化した。

 イギリスもオランダとほぼ同じ時期にモルッカ諸島へ進出したが、1623年のアンボイナ事件で敗退し、以後はもっぱらインド経営に力を注いだ。

 まずインド西岸のスラットに商館を建て(1612)、以後東岸南部のマドラス(1639)、西岸のボンベイ(現在のムンバイ、1661)、そしてガンジス川下流にカルカッタ(1690)を建設し、この三大拠点を足場にしてムガル帝国の衰退・分裂に乗じて、インド経営を積極的に推し進めていった。

 一方、アメリカ大陸にも進出したが、本格化したのはステュアート朝時代に入ってからである。1607年には大西洋岸に最初の永続的な植民地であるヴァージニア植民地(エリザベス女王の時に創設されたヴァージニア植民地は失敗に終わった)が建設された。 

 ついでジェームズ1世の圧迫を逃れたピルグリム=ファーザーズと呼ばれるピューリタンの一団が信仰の自由を求めて北米に渡り、プリマス植民地を建設した(1620)。以後ピューリタンの農業移民が移住し、ニューイングランド植民地が形成された。またピューリタンの別の一派はマサチュセッツ植民地を建設した(1629)。

 さらに1664年にはオランダのニューネザーランド植民地の中心ニューアムステルダムを攻略してニューヨークと改称するなど、18世紀前半までに13の植民地が成立した。

 フランスは、アンリ4世時代に東インド会社を設立し(1604)、北アメリカにもケベックを建設(1608)したが、フランスの海外進出が本格化するのは、ルイ14世時代のコルベールの重商主義政策によってである。

 コルベールによって1664年に再建された東インド会社は、シャンデルナゴル(カルカッタの近く、1673)・ポンディシェリ(マドラスの南、1674)を獲得し、ここを拠点としてイギリスに対抗しながらインドでの勢力の拡大をはかった。

 また北アメリカでは、ケベックを拠点にしてカナダに植民し、毛皮取引などを行った。1664年にはコルベールによって西インド会社が設立され、セントローレンス川流域・五大湖周辺さらにミシシッピ川流域の広大な地域(ルイ14世にちなんでルイジアナと命名された)を領有し、イギリスの植民地を北西から大きく包囲する形勢となった。

 また西インド諸島のハイチ(1697)やアフリカ西岸のセネガル(1638)やマダガスカル島にも植民地を設けた。




目次へ戻る
次へ