2 フランス革命とナポレオン

1 旧制度の矛盾

 フランス革命前のフランスの政治・社会体制は旧制度(アンシャン=レジーム)と呼ばれる。旧制度のもとでは、フランスの国民は3つの身分に分かれていた。

 第一身分は聖職者(僧侶)で、その数は約12万人で、フランス総人口の約0.5%であった。第二身分は貴族で、約40万人、全人口の約1.5%であった。第一身分の聖職者と第二身分の貴族は特権身分・支配階級であり、合わせて総人口の約2%にしか過ぎない第一身分と第二身分で全フランスの耕地の約40%を所有していた。また国家の重要な官職を独占し、しかも免税の特権を持ち、多大な年金を支給されていた。

 第三身分は平民で、フランス全人口約2500万人の約8割(2000万人)を占める農民と約450万人の市民(ブルジョアジー)から成っていたが、彼らには政治的発言権は認められていなかった。

 市民は、富裕市民(上層ブルジョアジー、大商人・金融業者・徴税請負人・大地主など) ・中流市民(商工業者など)・無産市民(下層市民、職人・徒弟・労働者など)に分けられるが、大部分は無産市民であった。富裕市民や中流市民は経済の発展にともなって富を蓄積し、経済的な地位を向上させていたので、その実力にふさわしい政治上の権利を要求していた。

 これに対して、人口の約8割を占める農民はフランス全耕地の30〜40%を保有したに過ぎず、ほとんどは貧しい小作農であった。農民も富農・自営農民・貧農に分けられるが、大部分を占める貧農は領主の搾取や国家の租税のために苦しい生活を送っていた。

 フランス革命直前のフランス社会については、イギリスの農業経済学者のアーサー=ヤングが『フランス旅行記』に書き残しているが、その中で貧しい農民の生活について次のように書いている。

「1789年7月12日、馬を休ませるために長い坂を歩いて登っていたときに貧しい女と一緒になったが、彼女は時勢をかこち悲しい国だと嘆いた。そこでそのわけをたずねると、女が言うにはこうだった。「私の亭主は一片の狭い耕地と一頭の牝牛と一頭のやせた馬しか持っていないのに、私たちは一人の領主に地代として1フランシャルの小麦と3羽のひなを、もう一人の領主には地代として4フランシャルの小麦と1羽のひなと1スーの貨幣を払わなきゃならない、もちろんこのほかに重い人頭税や他の租税が課されている。・・・この女は近くで見ても60歳か70歳に見えるだろう。それほど労働のために女の腰はまがり、顔はしわをきざみこわばっているのだ。しかし、女の言うところでは、まだ28歳にすぎないとのことだった。・・・下層階級の生活状況の、両王国におけるこの差異は何によるのだろうか。政治によるのだ。・・・」

 このようにフランス革命前のフランスは旧制度のもとで、多くの政治的・社会的矛盾をかかえていた。

 経済の発展にともなって富を蓄積し、経済的な地位を向上させていた市民階級は、商工業の自由な活動を制限する不合理な旧制度に不満をもち、現状を打破しようとしていた。

 不合理な伝統や権威を批判した啓蒙主義は彼らに大きな思想的な影響を与えた。またイギリスにおける立憲政治の確立やアメリカ独立革命の成功も大きな影響を及ぼした。




目次へ戻る
次へ