2 フランス革命とナポレオン

4 共和政の成立

 1792年9月21日、ヴァルミーの戦いの勝利の報にわきかえる中で、男子普通選挙で選ばれた国民公会が開かれた。国民公会は、開会後ただちに王政の廃止・共和政の樹立を宣言した。この時成立した共和政は、フランス最初の共和政であったので第一共和政(1792.9.21〜1804)と呼ばれる。

 新しく召集された国民公会では議員の大半を共和派が占めた。なかでもジロンド派とジャコバン派(山岳派)が有力であったが、両派に属さない多くの議員がいた。

 ジャコバン派は、1789年にパリのジャコバン修道院内に設立され、92年9月にジャコバン協会と称した。91年夏までは立憲王政派が、92年夏まではジロンド派が、それ以後は山岳派がリードした。山岳派は、ジャコバン派最左派で、国民公会で演壇から見て最左翼の高い議席を占めたのでこう呼ばれた。

 ジャコバン派(以下山岳派をジャコバン派と呼ぶ)は、下層市民や農民の支持を受け、急進共和主義を主張した。国民公会では最初ジロンド派よりも劣勢であったが、マラー・ダントン・ロベスピエールらに率いられて、革命の徹底を強調し、これ以上の革命の激化を防ごうとするジロンド派と対立した。

 マラー(1743〜93)は、医師であったが、革命勃発とともに「人民の友」という日刊紙を発行してパリの民衆の間で人気を博した。国民公会議員に選出され、ジャコバン派の指導者として活躍したが、後にジロンド派の女性に自宅の浴室で刺殺された(1793.7)。

 ダントン(1759〜94)は、パリで弁護士となったが、革命開始とともにパリで活躍し、ジロンド派内閣では法相に起用された。国民公会に選出され、マラー・ロベスピエールらとジャコバン派の指導者となり、公安委員会委員としてジロンド派の逮捕・反革命の鎮圧などに尽力したが、後にロベスピエールと対立し、ギロチンで処刑された(1794.4)。

 ロベスピエール(1758〜94)は、弁護士から三部会に選出され、国民議会では左派に属して雄弁で知られ、立法議会への現国民議会議員の立候補を禁止する法案を成立させた。 従って立法議会時代は議員でなく、ジャコバン=クラブを指導して対外戦争に反対し、ジロンド派と対立した。高潔な人格と清廉の士として評判が高く、国民公会にはパリから首位で選出された。国王裁判・ジロンド派の追放などに活躍し、ジャコバン派の独裁を現出し、恐怖政治を行った。

 国民公会が直面した最大の問題は国王裁判であった。ジャコバン派は、国王の処刑を主張してジロンド派と争った。国王裁判は11月に始まり、翌1793年1月14日に票決が行われた。

 「ルイは有罪か」については、693対28の圧倒的多数で有罪が決定した。「判決には国民の承認を求めるべきか」については大差で否決された。そして「いかなる刑をルイに科すべきか」について票決が行われ、387人が死刑に賛成し、334人は死刑以外の刑に賛成した。ただし、387人の中には26人の死刑執行猶予の条件付き賛成であったので、もしこれが反対にまわれば、361対360というきわどい票決であった。しかし、「刑の執行を猶予すべきである」という提案がなされると、これは310対380で否決された。

 1793年1月21日、午前11時頃、軍隊と群衆が取り巻く革命広場(現在のコンコルド広場)で、ルイ16世はギロチン(断頭台)で処刑された。ルイ16世の処刑はヨーロッパ諸国の君主に強い衝撃を与えた。

 これより先、1792年秋頃からフランス軍は攻勢に転じ、国境を越えてベルギーやライン地方へ進出してベルギーを占領した(1792.11)。

 イギリスは、それまでは革命に好意的で不干渉主義を取っていたが、フランス軍がネーデルランド方面に進出すると、フランスを敵視してオランダを支援するようになった。そしてルイ16世の処刑が行われると、イギリスはフランスと国交を断絶し、国民公会はイギリスとオランダに宣戦を布告し(1793.2)、さらにスペインにも宣戦した(1793.3)。

 こうした状況の中でイギリス首相ピット(1759〜1809)の提唱によって、オーストリア・プロイセンの同盟にイギリス・オランダ・スペイン・ロシアが加わり、第1回対仏大同盟(1793〜97)が結成された。

 このため、フランスは全ヨーロッパを敵にまわして戦わねばならなくなり、国内でも王党派による反革命内乱が起こり、ジャコバン派とジロンド派の対立が激化するなど、フランスは内外の危機にさらされることとなった。この内外の危機を克服するために、ジャコバン派は革命裁判所(1793.3)・公安委員会(1793.4)を設置し、さらに最高価格令を公布して(1793.5)、民衆の協力によって危機を克服しようとした。

 革命裁判所は、政治犯の審理のためにパリに設置され、反革命分子や政敵を逮捕すると簡単な審理でギロチンに送り、恐怖政治の重要な一機関となった。

 公安委員会は、国民公会内の委員会として設けられたが、ロベスピエールの加入(1793.7)以後は、政治・軍事の最高指導機関となり、事実上の政府となった。

 また最高価格令は、インフレと生活必需品の欠乏から国民を守るために、まず穀物に、9月以後は全生活必需品に適用された。最高価格が設定され、違反者は反革命容疑で逮捕された。




目次へ戻る
次へ