零式艦上戦闘機

ハマクロンminiシャフトを見て最初に思いついたアイデアを使った作品。
ただ、12月分はすでに応募の方針(ハマクロンパーツを使用しない)を決めていたので
応募は1月分になった。
Miniシャフトをプロペラとして使用することだけ決めていたが、プロペラ機の前輪、後輪
をMiniホイールで作ればちょうどいい大きさになることに気が付きプロペラ機を作ることにした
プロペラはスムースに回ります。
後輪は本体内側に入れているので外観を崩さず車輪をつけることができました。
作成を開始しようとした当日、クリアパーツが届いた。
せっかくなのでコックピットに使用した。もともとは水色パーツの予定だった。
使用するだけではつまらないので中にピンク色の操縦者を入れた。



      ゼロ戦画像一覧


      ★ゼロ戦の作り方

追記 (LaQ芸術祭応募結果等)

第9回LaQ芸術祭1月分として応募しましたが、残念ながら落選しました。



LaQの部屋に戻る