うの俊市の自己紹介     声に翼を!     政治に夢を!

 
    うの俊市(宇野しゅんいち 59歳) 
    
    玉野市議会議員(無党派・闘う市民

■ 私の主張  

□ 生活者中心の政治
□ 真に自立した地方自治
□ 世界との共生

□ 徹底した情報公開開かれた議会を目指し、自らの権利を守る。
□ 監査請求、住民訴訟等を活用し、それらを武器とした徹底調査で、
行政のチェックに努める。
□ 特定の政党、労働組合、宗教団体等、一切関係なし。
 『うの目たかの目通信 ホームページ→市政の情報を発信する。
                      ミニコミ誌 → 市議会レポートの発行。
□ 
本音を貫き、自己保身なし。カネいらない。ヤセガマン議員を目指す。
□ 口利き汚職議員の詳細情報を! 電子メールでお寄せ下さい。
□ 法律にない
議員特権を受けない! 受けさせない!

 玉野市議会  わたしの主な活動実績

□ 政治政策学校「一新塾」出身。
□ 議員バッチ付けない!
□ 原則、
議員以外の役職には就かない! 議員として
第二の報酬を受けない!
□ 
市長勤勉手当の廃止を要求中! 
   ところが、黒田市長は就任と同時に、平成17年12月議会で、本給に組み込んでしまった。

□ 問責決議2回!
□ 
医療費不正利得事件で、市長と医療機関の理事長玉野市医師会会長・元教育委員長を岡山地裁へ提訴
   
(サンデー毎日に2週間連載でトップ記事で取りあげられる。)その後、引責辞任へ! 広島高裁でも、完全勝訴!
□ 市議会議員初当選以来の議員報酬、政務調査費、一般視察費、費用弁償等全ての議員収入を
  市政レポート「うの目たかの目通信」で、玉野市議会議員として初めて
市民に公表した。
□ 地方自治法、平成13年4月1日施行の
政務調査費は、それまで
 
市政調査研究費(年間66万円)として法律化されていなかったので、私はそれまで受け取っていない
   同時に、現在の
健康診断費(人間ドック)補助金も、私は全く受け取っていません
   
理由、議員は正職員でなく非常勤特別職(臨時)です。
        法律化も条例化もされてなく、首長の要綱での違法な補助金であると考える。

□ 平成18年12月議会の
政務調査費(HP参照)の本議会の質問が、
  テレビ朝日の
正午からの「ワイドスクランブル」に取りあげられ、
  平成19年5月10日、全国へ放映された。これが、岡山県下議会一代改革に発展した!
□ 岡山県議会議員・住吉良久氏の
海外視察費2重取り事件を摘発!
□ 「
三井造船は玉野市との約束である、公共下水道接続を果たせ!」 と、市議会で追及中!
  
受益者負担金の支払と、一部を接続させる!  全面接続を求めて、現在も議会で追及中!
□ 
市長選挙による当選御礼を「たまの広報」で行った。その回収と再印刷費用、約95万円の返還を求めて、
 
玉野市長に「損害賠償」事件として、岡山地裁へ提訴! しかし、結果は敗訴。“疑わしき派罰せず”
□ 平成18年11月26日「
市民オンブズたまの」を設立し、初代代表に。(適任者を募集中。)
□ 市の財政難を理由に、一部事業組合や議員の役職等の2重報酬の辞退を主張、
 玉野市議会でただ1人やせ我慢を実行している。 
報酬対効果全国トップ議員を目指す!

■ 略歴と議員活動


1948(昭和23)年、番田の専業農家に生まれる。
1971(昭和46)年、玉野市築港で新婚生活。
             仕事の
傍ら、一方で昭和45年から政党や圧力団体に関係なく、人物本位の国会、
              県会、市会議員候補者の支援
活動に取組みながら、ボランティア活動を展開する。
1984(昭和59)年、玉野市宇野へ転居。
1994(平成 6)年 玉野市八浜町八浜の築90年の借家に転居。

             
ボランティア活動は、いくつか全国の報道記事に取り上げられが、実を結ぶこと なく、
             自ら玉野市議会議員へ立候補を決意する。

1995(平成7)年  玉野市議会議員選挙に挑戦するも、
緒戦は苦杯をなめる
            
 大前研一氏の政策学校一新塾に入塾、2期生。本格的に政治の世界へ入る。
1996(平成8)年、
市民オンブズマンおかやま設立から参加、同時に運営委員。
1997(平成9)年 、
第3セクターチェックの会を立上げ会長。
               スペイン村、王子アルカディアホテル、マリンホテル、王子ファンシーランド等が、全国の
               マスコミに取り上げられる。
(東京新聞、週刊ダイヤモンド、中国新聞、各地方放送局等・・多数。)
              玉野市環境問題チェックの会を立ち上げ、環境先進地区の視察と、本市の問題地区の
              チェックに取り組む。
1998(平成10)年、
玉野市長に情報公開条例の制定を求めて申入れ玉野市役所記者ラブで記者会見を行う
               翌年(1999年)、
玉野市情報公開条例制定された。
1999(平成11)年
、・再挑戦で、玉野市議会議員初当選
             ・当選と同時に、
行政・オンブズマン110番を開設!
             ・
三井造船のドックの船体塗装飛散被害の申し入れを行う。工場改善により地域住民を守る。
             
  三井造船ドック付近の三井生協本部の駐車場やレクレセンター駐車場はじめ、玉港周辺や玉商店街等
                  から、住宅や車両等に塗料が付着すると、地域住民の間では大問題になっていたにもかかわらず、三井造船企業
                  城下町であることから、誰もがイワザルを決め込んでいた。
                   私が地域住民を代表して、三井造船に申し入れを行うとともに、弁護士名で三井造船本社に抗議の書簡を
                  送付することにより、改善がなされた。

2000(平成12)年、・
番田地区の建設決定間近の「産業廃棄物ガス化溶融炉」計画を阻止
              
ほぼ決定していた建設計画を、地区住民の篤い要請に応える。
             ・玉野市が破綻する前に、
一部事業組合等の報酬の2重報酬の廃止を主張!
              世間には「ノーワーク・ノーペイ」という原則があります。議員にはこれが治外法権のようです。
                  議員は、報酬に見合った仕事をやるべきです。
                 
南部水道事業団はじめ、農業委員、監査委員、等の報酬や就任は放棄すべきだと主張。
              
    報酬対効果の全国トップ議員を目指す!
2001(平成13)年、・金甲山産業廃棄物施設の中止と、中間処分場の適正化実現
             ・
児島湖流域下水道処理場の「炭化処理システム」の導入を無期限延長に
              
環境に不安を持つ地域住民の多くの意見に応える。
2002(平成14)年、・医療費不正利得返還等請求事件で、医療法人理事長市長を岡山地裁に自費で提訴
               
医療法人杏会東医院代表理事長・東悟氏(玉野市医師会会長)に対し、国民健康保険の療養の給付に関
                 する費用の不正受給があるとして、また玉野市長・山根敬則氏を不正利得徴収請求の権利の行使を怠ったと
                  して、それぞれを岡山地裁に提訴しました。

             ・
サンデー毎日トップ記事で、2週間連続で報道した!
              
サンデー毎日の10月20日号、27日号のトップ記事で、「やらずぼったくり医療の実態」として、
                 
この「医療費不正利得」事件が全国に報道されました。
             ・
三井造船の地蔵山開発工事に伴う発破作業被害の深井・向日比地区の民家損壊事故
              で、
民家の完全修復と、地区に保証金等による補償を実現
               
三井造船に抗議と市民集会等の申し入れを行い、被害住民と地区の要請に応える。
             ・岡山県会議員(住吉良久氏)の海外視察費の二重取りを、市民オンブズマン岡山のメンバー
              と、岡山県、玉野市で情報開示請求し、市政レポート「
うの目たかの目通信」で公開した。
              
 選挙直前であったことも重なって、改ざん文書が9種類も出回ったようで、住吉氏から名誉毀損で刑事告訴
                  されたが不起訴。

             ・議員当選以来4年間の報酬政務調査費費用弁償等一切の収入を公表
              
市政レポート「うの目たかの目通信」で、玉野市議会議員として初めて市民に公表した。
2003(平成15)年、・再選。2期目。
             ・八浜八幡宮・総代に就任
。(適任者募集中)
             ・
深井地区の潮入川に、高潮対策として護岸の改修工事を実現
              当地は玉野市と岡山県の間の責任問題で、昭和40年代からもめていた。30年ぶりの解決であった。
             ・山田・東児地域のナイカイ塩田跡地での公共下水道施設新設を中止させ、三井造船が
             未接続の、
宇野3丁目の藤井・公共下水処理施設の活用を訴え、それを実現させた!
             
 その経費軽減は約150億円以上
               
財政難にもかかわらず、市はナイカイ塩田跡地に公共下水道の新設計画を進めていた。しかし、三井造船
                 の公共下水が、宇野3丁目の藤井公共下水道処理施設に接続されないまま、施設の約3割が未使用である
                 ことを建設委員会や本議会で追及中であった私は、山田、東児地区の公共下水を宇野3丁目の施設で処理
                 するように提案し実現させた。

2004(平成16)年、・1世紀に1度の台風16号災害で、災害見舞金の支払い請求書を自費で作成し、市内約
              7000戸の被害地区に配布
しながら、支援と調査活動から、議会で一般質問を行った。
             ・議会改革。 
              @初当選以来、費用弁償の廃止を要求し続け、実現した。
              A議会での議員の資料要求は、市民の情報公開条例に準じて、即入手できるよう要求
               
し、議会のスムーズな運営をもとめている。
             ・玉野市と観光協会の「クッチーナ・デ・ウーノ」の真実を調査し議会で追及
2005(平成17)年、・この「クッチーナ・デ・ウーノ」が、
日本テレビ系列で、6月6日17時45分の
              
ニュースプラス1」で、全国に放映!しかし、地元の西日本放送放映中止に!
              
私の議会での追及を知った、日本テレビは私の取材に合計7回30日間にわたって「クッチーナ・デ・ウーノ」の
                 取材に訪れた。そのニュースは「玉野市の町おこし大誤算」として、全国放送された。しかし、地元西日本放送
                は・玉野市圏内には放送しなかった!?

             ・クッチーナ・デ・ウーノ」私の玉野市議会での追及が、週刊新潮で報道される!
              
私の議会での追及は、週刊新潮でも、10月6日号の「危機と克服」のトップ記事で全国に報道された。
             ・クッチーナ・デ・ウーノ」事件を私の市政レポート「うの目たかの目通信」で市民に報告
              「クッチーナ・デ・ウーノ」事件を調査し、市民に私の市政レポート「うの目たかの目通信」で報告しました。
2006(平成18)年、医療費不正利得事件で、広島高裁で完全勝利し、約700万円の医療費を返還させ裁判は
             終決
玉野市全体の医療費削減効果は、7億5000万円以上ともいわれている。
                  しかし、費用を自費負担した私の裁判費用額は20万円の赤字であった。

2006(平成18)年、・05,06年と市議会本議会場ユスリカ20キロ持込み追及
             
 児島湖ユスリカ対策の一環として誘蛾灯10基の建設アダプト事業等児島湖周辺展開中。 
2006(平成18)年、・市長を提訴
              
市長選挙の当選御礼による「たまの広報再発行と、再配布費用約95万円の返還を求めて、一般質問や
                 住民監査請求を行うも、監査委員は死んでいるし、市議会も眠っていたので、
住民訴訟を岡山地裁に!
             ・11月26日「
市民オンブズたまの」を立ち上げ、代表に就任。(代表を募集中)
             ・情報化時代に地域格差縮小化対策として、陸の孤島鉾立地区SLD設置を実現!
             ・鉾立地区の「
都市計画法違反を摘発し、適正地への移転を実現させる。
             ・
議会改革
              @政務調査費の領収書添付を!
                
政務調査費が法令化される平成13年3月31日までは、市政調査研究費補助金として全国の市議に
                   支払われていた
。法令化されるまで(15ヶ月間)私は辞退していた。法令化後、領収証の添付義務を
                  
訴えている。そこへ、品川区や目黒区で、この問題がクローズアップされている中、12月議会で、領収書の
                  添付義務を本議会で
市長に要求したところ、議会が1時間以上空転した。
                  理解し得ない
議員が異常な反応を示したがその意味は・・・? 
                  また、
理解し得ない議長には、領収証の添付義務を条例化するよう申し入れ中
              A
健康診断(人間ドック)費議員に補助することは、地方自治法第204条の2に照らし
                て
違法行為であることから、議員会の規約を改正し、その制度を廃止すると共に、
                
補助金の交付を受けた議員からその金額を領収し、その全額を市に返還を求める
                 
申し入れ中
2007(平成19)年、
市長提訴は、敗訴
             
市長選挙の当選御礼で、玉野広報の回収と再交付費約95万円の損害賠償請求事件は、
                疑わしきは罰せずから、敗訴。

2007(平成19)年、玉野市議会議員選挙は4月22日。再選3期目


■平成16年玉野市で、台風16号、17号の大災害が発生し、死者5人を出しました。
 その時の私の災害地での救援活動の一コマから。

 うの俊市      事務所
 
うの目たかの目通信事務所

 市民オンブたまの 事務所
〒706−0221
           


玉野市八浜町八浜1208
п@:53−9080 
FAX:51−3208
携帯電話:090−8607−6642
E-mail: unome@mx7.kct.ne.jp